面接の質問を予想し、答えを事前に考えるなどの予行演習が、転職をする時には大事です。面接は企業が人材を採用する上で一番重要視しているものであり、転職活動の中でも慎重に準備をしておかなければなりません。履歴書を見れば、今に至るまでに積んできた実績やスキルはわかります。一方、面接では、社会人としてのマナーはしっかりしているか、人柄は信頼できるかなどを確認するものです。十分な対策をすることで、担当者に対して自分が会社に必要な人材であることを、納得してもらえる場所になるでしょう。転職活動における面接時には、面接官に対して好印象を与える必要があるのです。話し方は礼儀正しく、時間どおりに訪問し、服装はきちんとするようにしましょう。会社のイメージに合った服装と、時間をキッチリ守るという事は社会人として当たり前のことなので、できていないと大きなマイナスになります。担当者にいい印象を持ってもらい、面接を成功裏に終わらせるには、この会社で働きたいという気持ちを見せることです。自分をよく見せたい、他の応募者より一歩抜きん出たいという人もいますが、まずは自分がこの会社で働きたいことが大事です。書籍の中には、面接でいい印象を持ってもらうための言葉が羅列されているものもいますが、本どおりに話しても、相手を納得させることはできません。自己アピールや志望動機はしっかり準備をして、時間に余裕があれば家族や友人に聞いてもらって、何度も見直しすることで、余裕を持って面接に臨めるようになります。