社会人としてのマナーは、面接では必須のことです。どれほど能力が秀でていても、人間としての行動に問題があれば、評価はマイナスになります。面接時の受け答えも大切ですが、面接官が感じる印象はとても重要で、採否の結果にも大きく影響されるものです。面接の場では、採用希望者が社会人としてのマナーを身につけているかどうかは、注意を向けられていることだといえます。面接官は面接が行われている時にどこを重視するかと言いますと、それは挨拶になります。気持ちのいいあいさつによって、スムーズな人間関係を結ぶことは、社会人としてできて当たり前のマナーです。面接を受ける時には、応募動機や、自己PRなどと同様に、どんな挨拶をするかも、心の準備をしておくと、やりやすくなるでしょう。どのような点に注意をして挨拶をうると、マナーとしては問題ないでしょうか。面接の冒頭と終了時にお礼の言葉を添えることが大事であり、その中にも自分がここで働きたいといった意気込みを加えるのも良いでしょう。始まりと、終わりの言葉がいい加減だったり、通り一遍的な言い回ししかできないような人は、面接時の評価が高くなりません。是非とも入社して仕事をしたいという意欲が、あまり感じられないと判断されてしまう可能性もあります。面接を受ける時には、髪型や服装を整え、丁寧な言葉で話し、指定された時間に遅れないなど、常識として守らなければいけないこともあります。