最近では、転職活動のためにネットで情報を探すという人が多くなってきています。たくさんある求人の中から、働きたい職場の条件に合わせて探すことができますので、仕事探しをやりやすくなります。転職を成功させるために必要な情報をできるだけ多く拾い上げることができるかは、求人サイトを使う時には意識する必要があります。インターネットで閲覧できる求人情報は全てではなく、企業の本当のことがわかっていないことがあります。給料や、年間勤務日数なども重要ですが、福利についても事前にわかることは調べておきましょう。働いている人の言葉や、社内の決まり事などをホームページにまとめて、働きやすい職場をアピールしているような企業も、珍しくありません。興味を持った会社があれば、採用面接を受ける前に、求人情報欄に書かれていたこと以上の情報を収集してみるといいでしょう。ただし、色々なやり方で情報を集めても、社内で仕事をしない限り、実感できないことは色々とあるでしょう。会社の内部の雰囲気は、一見してわかるような情報は少ないかもしれませんが、面接の場ではその一端が垣間見られます。採用面接を受ける時には、面接を担当する社員がどんな人かを見ることで、会社の様子を知ることができます。企業に関する情報を知るという意味では、面接を担当する人や、その上司の人なれば、情報源としては非常によいものだといえるでしょう。転職のために面接を受ける場合、面接の場では自分を売り込む場所でありつつ、情報熱めができる場所にもなります。